2 4月, 2024

ロンド、そしてドワルス・ドール・フラーンデレン。フランドル地方

宗教。ラテン語で religio, -ōnis. F. 1. 神性に関する信仰または教義、神性に対する崇敬や畏怖の念、個人や社会のための道徳的規範および儀式的実践、主に祈りや神性を崇拝するための犠牲。

 

フランドル。2024年3月。数千人の巡礼者が、唯一の偶像を崇めて一週間を過ごすために聖地にやってくる。ライダーの名も、チーム名もない偶像、それはまさにサイクリズム――サイクル競技。 フランドルでは、もっとも純粋なサイクル競技はスポーツではない。サイクル競技はこの地に暮らす人々の血に流れている。よそ者は誰もがこれを体験しようとする。キャンピングカーに冷蔵後、テレビ、ビール、レインコート、雨靴、帽子、フェイスペイント、旗の完全装備で――。ビッグパーティーへようこそ。

 

感動の日々が始まる。そして、毎年第14日曜日にツール・デ・フランドルの幕を閉じる。

 

この時期は、ロンド・ファン・フラーンデレンとちょうどその次の日曜日に行われるパリ~ルーベにあたる「聖なる週」として知られる。しかし聖週間と違いキリスト教信者のためではない。この一週間はそれを凌ぐ。
サイクル競技がイタリアを経てホームに戻ってから、テンションを高めながら、春の終わりを告げるレースの号砲が次々と鳴る。この間、いくつかの花形レースが展開される。ロンド・ファン・フラーンデレンやパリ~ルーベ、AGR、フレッシュ ワロンヌ、LBL――。人それぞれ好みがある。サイクル競技の聖人は嫉妬深くない。しかし、ロンドが上位を占めていることは否定できない。

そのため、これらのビッグレースの前に開催される大会は、単なるテスト走行やウォーミングアップだ、と考えがちである。先週水曜日、これらのレースは決定的なレースかもしれない、そして思っている以上にそうであることが証明された。ドワルス・ドール・フラーンデレン(フランドル横断レース)がまさにそうだった。レースの最中に発生した転倒に、ロットの選手数人が巻き込まれ、いくつかの期待が台無しとなり、ビッグサンデーの人気選手の多くが戦線離脱した。一日も早く、できるだけ万全の状態に近づけることを願うばかりだ。

転倒に巻き込まれた一人、ブレント・ファンムールは、まだ万全ではないものの、この日曜日、意欲満々で、スタートラインに立った。

「いいレースにするという決意がもっと強くなっている。個人的には、また何かすごいことをやって見せたい。だから頑張ろう!」

チーム全体が盛り上がり、その周りで動く大きな歯車には完璧に油がさされている。

コースの予備知識とロットとオルベアがタッグを組んで積み重ねた経験から、ツール・ド・フランドルのために選んだのは、再びOrca Aeroだった。

モレンベルグやカペルミュール、クワレモントでは、フレームの正しい場所に適切な剛性が求められる。これにより、不必要なねじれや曲がりがなくなり、パワーを直接伝達して確実にスピードに変換できる。

ロンドは、明るい日差しが降り注ぐ中、アントウェルペンからスタート。だが太陽は、レース終盤には激しい雨に変わった。泥が石畳を覆い、スリップしやすくなり、レースの明暗を分ける場面のひとつ、コッペンベルグをペダルを漕いで走破できたのは、わずか3選手だけだった。

まぎれもないフランドル、そして壁のような急斜面「ミュール」を登る最後の勝負どころでの見せ場。その前、ファンムーアが後に加わり、タミ二オーは、彼らがその数日前に見せた決意を証明した。終始、トップ選手と逃げ続け、長い一日の大部分で夢を叶えていた。

 

今日の新聞の一面に彼らの名前は載らないだろう。しかし、皆がアルノーを思い出さずにいられなかった、このワイルドなロンドをうまく乗り切れ、チームはとても誇りに思っているだろうし、そう思っているはずだ。頑張れ、シーズンはとても長い。ご存じの通り、どう始めるのかではなく、どう終わるかが問われている。

パリ~ルーベまであと7日。その間、スヘルデプライスがあり、その脚力に期待が膨らむ。

Orca Aero

コースの予備知識とロットとオルベアがタッグを組んで積み重ねた経験から、ツール・ド・フランドルのために選んだのは、再びOrca Aeroだった。

モレンベルグやカペルミュール、クワレモントでは、フレームの正しい場所に適切な剛性が求められる。これにより、不必要なねじれや曲がりがなくなり、パワーを直接伝達して確実にスピードに変換できる。