19 3月, 2024

ロット・デスティニー ミラノ~サンレモで大活躍しイタリアを後に

荘厳さ、壮大さ、抒情詩をどれだけ好きなのか。私たちが愛してやまない、異名、伝説、そして歴史。

なんでもない場所を崇拝する方法には何か素晴らしいものがある。国道のある区間、どこに行くでもない登坂、または農場への道――そんな場所が、信者なら誰でも一生に一度は訪れるべき巡礼地になっている。美しい場所とは限らない。往々にして、風光明媚とは程遠く、そこで伝説が生まれたということでもなければ、誰も立ち止まったりしない。

他のレースでは、傑出した選手は、ほんの少しの運と有利な状況で、チーム全体を輝かせ、ゴールに到達し、勝利することすらできる。

ラ・プリマヴェーラではそうはいかない。チームが一丸にならなければ、王様は裸だ。

「チームとして、集中して走った。見ていてとてもいいものだった。個人的には、一歩前進したと感じている。チームは僕を信じてくれていて、その信頼を再確認できるのはいいことだ」。チームメイトを誇りに思うヴァンヒルスは、そう断言した。

ほぼ毎年、すべてのアクションは最後の数kmで起こる。すべてがポッジョ――なんでもない場所で起きる。誰もがその場にいたいと思うが、序盤では何も起こりそうもない。だが、すべてが起こるべく全員が通る場所である。

ロット・デスティニーのチームワークは完璧、ファミリーは最年少のメンバーを信頼し、一人で翔けることができるまで集団で走った。

そして見事に翔けた。ファンヒルスは、今年5つ目の大会で5度目のトップ10入りを果たす。ファン・デル・プールとポガチャルとの間で行われた様々なアタックを耐えた後、少しヒヤリとさせられポッジョの下りで慎重になりすぎたが、感動的な全開の最終スプリントで7位に。

「ポッジョの下りは計画通りに行かなかった。一瞬、タイヤがスリップしたんだ。カーブで転倒しそうになり、ちょっとびっくりした。怖いと思いながら、下り坂に直面することになった」

幸い、Orca Aeroはそれに応えた。この自転車のジオメトリーにより、操作しやすくなっている。高速走行は、優れたエアロダイナミクスの結果だけでなく、常に不測の事態に対応して自信を与えてくれる、シンプルかつ快適なバイクコントロールも要求される。

そのため、集団で耐えることにエネルギーを必要としたが、ベルギーの若手選手は12人の集団でローマ街道に到達し、伝説のレースで感動的な7位をかけて、スプリントを披露。

こうして、さようなら、チャオ、アリベデルチを告げ、私たちは本拠地に戻った。ベルギーはもう春、ロットにとって最高に美しい季節がやってくる。

Orca Aero

幸い、Orca Aeroはそれに応えた。この自転車のジオメトリーにより、操作しやすくなっている。高速走行は、優れたエアロダイナミクスの結果だけでなく、常に不測の事態に対応して自信を与えてくれる、シンプルかつ快適なバイクコントロールも要求される。